2月に寒さ本番です。

ニュースで積雪の映像が流れ、やっと冬が来たと実感します。

暖冬だと言われ、このまま春になるのか!?と思っていましたが、ちゃんと冬は来ましたね。

寒いのは苦手で手足が動かない時もある。

それでも雪を見ると日本の四季を感じて落ち着きます。

大阪に雪が積もる事は まず無いので、本当に寒いだけですが寒さを堪えてやってくる春が待ち遠しいですね。

服装が寒さ対策優先なので重ね着で団子状態です。

春よこい~

筋入り椿発見!

仕事に行く途中で見つけました。

手の平ほどの開花した椿。迫力満点で足を止めてしまいました。背筋(枝)をピンと伸ばして、大女優さながらの存在感です。

「もう少し、この寒さに耐えれば春が来る!そうでしょ?」と椿に一方的にテレパシーを送り、電車に乗る。

4月の手本で桜を描き、気持ちだけは春の入り口ですが、寒さに弱く、手足が冷えると何も出来なくなってしまいます。

とにかく予定を増やして、歩き回って身体を温める作戦です。

今年も宜しくお願い致します。

 

猪年

寒さも本番になってきましたが寒さに負けておられませんか?

私も正直、寒さに勝ってはいません・・・。外に出る用事を減らしてしまいがちです。

でも動かないと余計に寒いの繰り返しですね。

仕事を考えて、増やして、今年も頑張ります!

1月の教材は猪。冷静に、猪突猛進していきたいです。

 

 

冬野菜

冬野菜の赤カブ・大根・柚子を頂きました♪

赤カブは早速 漬物へ。我が家はお酢強めです。市販の甘酢に酢と昆布を足すだけの簡単漬け物です。
とにかく赤色が綺麗。漬けるともっと色が出てきます。

柚子は保存が出来るし柚子茶にしようかな。大根はおでんに変身。

どれも墨彩画の題材になるものばかり。美味しそう♪

留鳥コガラ

2018年、秋の手本でコガラを描きました。

コガラは留鳥で日本の針葉樹林や落葉広葉樹林に生息していています。

体長は12.5センチと小さいです~。似た鳥にヒガラがいます。ヒガラは喉にネクタイのような模様が続いてます。

鳥が加わると絵に愛嬌がでます♪

毎回、1つは鳥の作品がありますので野鳥好きの方にも楽しんで頂けます。

勉強の為、天気の良い日は探鳥会に参加させて頂き、空気感や季節を感じながら公園を歩きます。野鳥の知識はまだまだで、詳しい方の説明を聞きながらの探索です。

鳥の近くに行って観察するのは困難なので、スケッチは出来ないのですが、気ままに飛び、じっとしてくれない感じが面白く、もどかしくもあります。

 

次の手本は匂紫羅欄花(においアラセイトウ)

墨彩画は水墨画と同じ技法で描きますが、
今回は日本画の書き方です。

日本画

匂紫羅欄花

別名(チェイランサス)(ウォールフラワー)

線描は作業は細かくなりますが、その代わり仕上げは塗り絵を楽しむように気軽にできます。

仕上がりも手本を映しているので、ほぼ手本と同じように仕上げる事が出来ます。

 

疲れたときは無理のないよう、
他の方の作品を見たり、お喋りして下さいね♪

 

体験教室を楽しみにしております。

面白い葉

花を頂きました。

ただ、何の花かわからないそうです(笑)

花には詳しい方で、「わからないから」買ってきたそうです。

確かに葉の付き方が面白いすぎですね!
綺麗な円状に葉がついてます。

数日たっても状態が変わらないのでこれが開花のようです。

 

花も品種改良やら輸入やらでどんどん新しいものが
入ってくるので題材も底を着く心配はなさそうですね。

 

・・・・後日いつもの花屋さんで同じものを発見!!!

「リリアン」という名前。

何だか、可愛い女の子が浮かんでくる名前でした。

車道の山茶花

雪もちらつく寒さの中、急いで家に向かっていたら
車道脇の植え込みに山茶花が見事に咲いていました。

山茶花は見上げるか、同じ目線ではよく見ますが、このような見下げる形で眺めるのもいいなと思います。

 

人間は「寒い、寒い」と言って小さく縮こまっているのに
冬の花は この寒さも関係なく、花を広げる勇気!(笑)

人間さんには真似できません・・・・

 

まだ蕾が目立つので開花したときはどれほど綺麗でしょうか。

楽しみです。

 

花を見た瞬間だけは寒さを忘れたような気がしました。

 

謹賀新年2018

新たな年を迎えました。

謹賀新年 梅 水墨画

私にとって今年はさらに勉強の年になりそうです。

 

皆さんに喜んで頂ける墨彩画を描き、

お喋りして、絵を描いて、楽しく教室が出来ることを目標に

どんな仕事も一生懸命、まじめに楽しくやろうと思います。

 

2月に旭区民センターで体験教室も決まっておりますので

是非 お越しください。